ゴールデンウィークはディズニーは混んでる?

東京ディズニーランドは、1983年に開園して以来、その人気は衰えるどころか、2001年には東京ディズニーシーが新たに開園するなど、その人気はますます高まっています。
ただ、ディズニーランドと言うと、アトラクションの待ち時間が長いことでも知られていますね。入場者があまりに多いときは、入場制限もあります。

ディズニーランドは60000~70000人、ディズニーシーは45000~55000人程度で頭打ちしています。入場制限になれば、パスポートを購入できず、パークに入ることができなくなります。と言っても、365日ずっと混んでいるわけではありません。ディズニーシーのオープン以来、お客さんが2つのパークに分散するようになったため、昔ほどの混雑はなくなりました。

しかし、休みの続く日などは混雑します。肝心のゴールデンウィークですが、もちろん混みますね。最終日はガラガラになりますが、ゴールデンウィーク初日から混雑状態です。昨年の状況はというと、4月29日(金)、30日(土)、5月3日(火)、4日(水)、5日(木)、7日(土)が非常に混雑したようです。やはり、土・日・祝日といった休みの日は混雑するみたいですね。今年も同じような状況になると考えていいでしょう。

今年、ゴールデンウィーク期間中にディズニーランドへ行く場合は、5月1日、2日がオススメ。昨年の状況から判断すれば、少しは空いているかもしれません。

また、入場制限があっても入るためには、「日付指定チケット」や「予約券」、「バウチャー」のいずれかを前もって準備することです。なお、ディズニーランドおよびディズニーシーの混雑予想がネットに掲載されているので、参考にするといいでしょう。

関連記事

  1. ディズニーランド-格安宿泊裏技!

  2. ディズニーランド、ディズニーシーの楽しい周り

  3. 東京ディズニーランド 概要まとめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。