Archives

ディズニー 英語 評判口コミ 実際に試した人のリアルな声は?

実際にディズニーの英語教材を試した人の評判や口コミの声をまとめて見ました。

ディズニー英語教材口コミ評判一覧!

 

ディズニーの英語の体験談について

ディズニーの英語を体験したことがあります。ディズニーの英語を選んだ理由は、子供がディズニーが好きだったからです。

英語というと難しいというイメージがありますが、ディズニーキャラクターが出ているのであれば子供も興味を持って見てくれると思ったのです。送られたDVDを見ると大人も夢中になるほど魅力的な内容でした。英語を学ぶという意識で見ていると集中する事ができなかったと思います。

しかしディズニーのストーリーを見ているという印象で英語を学ぶことができるので苦になりません。また子供も楽しんで学んでいるということが印象的でした。使われている色もカラフルで音楽も楽しい印象です。耳に残るようなメロディーで思わず口ずさんでしまうのです。

またDVDと合わせて使用することができるテキストもカラフルで見ていて飽きませんでした。子供がディズニーの英語をはじめたのは、日本語もかたことだった頃ですが、ディズニーの英語のDVDで聞いた英語を口にするようになりました。

子供は耳で聞いたものをそのまま口に出すので、発音もいいということが驚きでした。やはり子供に英語を身に付けさせたいと思ったら早くから英語に触れさせることが大切だと思います。そこで大切なことはどの英語教材を選ぶのかということです。

いろいろな英語教材の中でどれを選ぶのかと悩んだときにわたしは子供が好きなキャラクターが出ている教材を選びたいと思うのです。英語を学ぶために必要なことは、まず興味を持つということです。その入り口をクリアすることができるのがディズニーの英語なのです。ディズニーは小さな子供だけでなく年齢を重ねても触れ合う事ができるキャラクターということも魅力的なポイントでした。大人と一緒に楽しむことができるディズニーの英語を選んでよかったと実感しています。

 

ディズニーの英語教材で子供が伸びるのはお母さんしだい

ディズニーの英語教材は、長男が生まれてから読んでいた育児雑誌に、よく掲載されていたのを覚えています。一度無料の教材を頼んだ所、長男が3歳次男が生まれたばかりの頃に、教材の訪問販売がありました。

営業の方が言うには、生まれたばかりの次男ならすぐ吸収するけど、3歳になるとギリギリかなとの事。今までは8歳くらいまでなら、多言語習得が容易と聞いていたので、驚きました。

値段が高いのと、長男はもしかしたら余り効果が無いかもしれないという2点のデメリットと、長男も母親の見せ方次第では次男と同じようにできるかもしれない、おもちゃが気に入っている、海外赴任の可能性がある、という3点のメリットを主人と一緒に考えて、とりあえずおもちゃが着いた一番安いコースを購入することにしました。

ビデオを見ながらそれに対応している本を読んだりおもちゃで遊ぶ、というのがディズニー英語教材の基本で、オプション料金でカードを通すと、カードに書いてある単語の音声が出る、というのを後で購入しました。ですが、長男はカードを通すと音が出る、というシステムが面白くて音を聞く、というのは後回しになっていたように思います。次男はおもちゃが気に入っていたので、おもちゃを使って遊ぶ回のみを何回も繰り返し見て、他にはまったく手を付けない、という有様でした。

それでも1年くらい続けていたある日、次男と一緒にお風呂に入っていると、プラッと言いながら湯船を両手で叩いているんです。何だろうと思っていたら、ディズニーのビデオにある、「splash」と子供たちが歌いながら水を叩くというシーンを、真似しているんだと気がつきました。また、長男はいつの間にかカードにある単語から一文までを全ていえるようになっていました。

結局、そこでやめてしまったのですが、ディズニー教材を買ったどの家庭でも、ここまではできるようになると思います。しかし、それから先をどのように子供にやらせるか、はお母さんの頑張りにかかっているのではないでしょうか。

 

親がディズニー好きなら、続けられる良い教材だと思います。

長男が3つの時にちょうどDMをもらって始めた口です。ですので、かれこれ6年程継続しております。

当時の一番ベーシックな教材構成はBook(1~12;3冊単位で大きなストーリー一つになっています。数字が挙がるについてレベルが挙がっていきます)と、その音声CDと映像のDVD、Sing Along(歌本、歌CD)という構成でした。その後DVDについては、専用リモコンで子供自身が進めていけるタイプの教材が出てきました。

勉強の進め方としては、まずは漫然とDVDを見続ける、CDをかけ続けるとなるかと思います。収録されている曲は簡単な(単語の数が少ない)ものから、かなり早口言葉級のものまであります。メロディーは結構同じで歌詞違いの曲もありますけど、まぁ、意識しないと同じ曲と気付かない感じです。

ここで重要なことは、子供にだけ聞かせる、見せると言う方法は正直うまくいきませんので、親も楽しんで本気で見るということだと思います。ただCDやDVDをプレイヤーにセットして、見ておきなさいなんてことでは、子供は何がおもしろいのか分からない、と言うか、親がおもしろそうに見ていればつられて見ちゃうものですものね。ディズニー好きな方なら、結構珍しいディズニー映像がDVDに含まれていますので、つまらないDVDでは無いです。

他には単語用のカードとリーダーもありますが、推奨されている方法は毎日通学前に数枚覚えさせるとのことですが、なかなか我が家では定着せず。時々読ませてはいますけどね。リーダーの機能も結構良いです(高いですけど)。

他社の教材を比較したことは無いのですが、ディズニー好きな親御さんで、お子さんもディズニー好きにしたい、そしてついでに英語も覚えさせたいと言うのなら良い教材だと思います。上の子の時にはかなり熱心にCDも聞かせたので、かなり英語耳が出来ている感じです。下の子はほとんど聞かせなかったこともあり、正直聴きとれていないですねー。

やるなら小さい時、外国語を雑音としてとらえるよりも前の時期に、親が楽しんでDVDを見続ける習慣が続けられるのであれば、非常に良い教材だと思います。

 

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ格安予約

日本初のディズニーパーク一体型ホテルで、東京ディズニーシー (TDS) の敷地内に建っています。
客室やレストランもあるため開園時は水上エンターテイメントを、閉園時や早朝開園前は人がいなくなったパーク内やショーのリハーサルなどを見ることができます。
ディズニーアンバサダーより高いお部屋がありグレードが高いというイメージでしょう。

大人お一人様あたり11,333円~129,900円
アクセス
JR京葉線・武蔵野線舞浜駅→モノレール「ディズニーリゾートライン」約10分東京ディズニーシーステーション下車→徒歩約3分

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ予約はこちら

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタは直営だけにたくさんの特典があります。

・「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」にご宿泊のゲストは、ホテルと東京ディズニーシーを直接行き来することのできる連絡通路をご利用いただけます。
・宿泊期間中「ディズニーリゾートライン(モノレール)」に無料でご乗車いただける「フリーきっぷ」をご用意してくれる。
・ご宿泊ゲストは東京ディズニーランド、東京ディズニーシーが混雑のため入園制限している場合でもご入園いただけます。
・客室では、ディズニーチャンネルが無料で視聴できます
・開園15分前の東京ディズニーランドへご入園いただくことができます。
・東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのパークチケットをホテル内でお買い求めいただけるほか、旅行会社の観光券(入場予約券)をパークチケットに交換いたします。
・「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」でお預かりしたお荷物をホテルまでお届けいたします。
・チェックアウト時にお荷物をお預かりし、「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」1階の引渡しカウンターでお受け取りいただけます。
・パークや「ボン・ヴォヤージュ」で購入されたお土産をホテルまでお届けいたします。(無料)
・ご宿泊ゲスト限定のディズニーホテルオリジナル商品をご購入いただけます。
・ホテル内ディズニーショップでは、パークで販売しているキャラクターグッズやホテルオリジナルグッズをお買い求めいただけます。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ交通

※JR舞浜駅から『東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ』にお越しの際は、「リゾートゲートウェイ・ステーション」よりディズニーリゾートラインをご利用いただき、「東京ディズニーシー・ステーション」で下車(約10分)。下車ホームからホテルミラコスタ連絡通路を通ってお越しくだ
さい。

ゴールデンウィークはディズニーは混んでる?

東京ディズニーランドは、1983年に開園して以来、その人気は衰えるどころか、2001年には東京ディズニーシーが新たに開園するなど、その人気はますます高まっています。
ただ、ディズニーランドと言うと、アトラクションの待ち時間が長いことでも知られていますね。入場者があまりに多いときは、入場制限もあります。

ディズニーランドは60000~70000人、ディズニーシーは45000~55000人程度で頭打ちしています。入場制限になれば、パスポートを購入できず、パークに入ることができなくなります。と言っても、365日ずっと混んでいるわけではありません。ディズニーシーのオープン以来、お客さんが2つのパークに分散するようになったため、昔ほどの混雑はなくなりました。

しかし、休みの続く日などは混雑します。肝心のゴールデンウィークですが、もちろん混みますね。最終日はガラガラになりますが、ゴールデンウィーク初日から混雑状態です。昨年の状況はというと、4月29日(金)、30日(土)、5月3日(火)、4日(水)、5日(木)、7日(土)が非常に混雑したようです。やはり、土・日・祝日といった休みの日は混雑するみたいですね。今年も同じような状況になると考えていいでしょう。

今年、ゴールデンウィーク期間中にディズニーランドへ行く場合は、5月1日、2日がオススメ。昨年の状況から判断すれば、少しは空いているかもしれません。

また、入場制限があっても入るためには、「日付指定チケット」や「予約券」、「バウチャー」のいずれかを前もって準備することです。なお、ディズニーランドおよびディズニーシーの混雑予想がネットに掲載されているので、参考にするといいでしょう。